FC2ブログ

記事一覧

米軍模擬爆弾落下 再処理工場だったら 日本全国が避難区域!?

米軍がいなくなっても危険は残る。再処理そのが問題だ。」


 米軍模擬弾落下再処理工場だったら(特報) 東京新聞 19.11.12 朝刊2425

 米軍三沢基地のF16戦闘機が6日、青森県六ケ所村の民有地に模擬弾を落下させた事故。現場の10キロ北には、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場がある。原子力規制委員会はすでに一度、航空機落下を含めた同工場の安全性に事実上の「合格」を出したが、審査で使われた事故確率や対象航空機の想定が甘いとの指摘も。米軍と再処理工場という危険が隣り合い、不安に揺れる現場を訪ねた。

 

落下地点から「北に約10キの地点には日本原燃の再処理工場がある」

「戦闘機での十数キロはあっという間の距離で、再処理工場に落ちていてもおかしくない」

「米軍は『再処理工場の上は飛ばない』と言っているが実際には飛んでいるのを何度も見ている。もし今回のような重さの落下物(コンクリートが詰まった226キロの模擬弾)があれば、工場の建屋は貫通してしまい、高レベル放射性物質などが大量に拡散するだろう」

 

 →青森・六ヶ所に模擬弾落下 米軍三沢基地のF16 河北新報 19.11.8

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ