FC2ブログ

記事一覧

福島第一廃炉 玄海原発  原発関係主要ニュース 2019年12月3日

福島第一の排気筒 人力で切断着手 作業員被ばくリスク 東京新聞 19.12.3 夕刊

 東京電力は三日、福島第一原発1、2号機建屋脇に立つ排気筒(高さ約百十メートル)を、人力で解体する作業を始めた。筒本体を輪切りにする遠隔操作の切断装置が不具合で使えなくなったためで、八月に始まった解体は、作業員が被ばくのリスクを負う人力に頼ることになった。

 東電によると、三日午前七時すぎ、作業員三人が乗ったかごがクレーンで高さ百十メートル付近までつり上げられ、筒頂部の切断装置に乗り移った。装置の発電機が燃料切れのため、作業員は軽油百リットルを補給した。

 計画では筒外周に設置されている足場の状況を確認後、足場の下にある筒本体の切断面に沿って、ディスクグラインダーという充電式電動工具で切る。解体は二十三ブロックある工程の四ブロック目まで進んでおり、切断装置で切りきれなかった一・三メートル分を人力で処理する。

 作業員は顔全面を覆うマスクと防護服、火花で燃えない服も着用。約一時間の作業で〇・一ミリシーベルト程度の被ばくが避けられない。

 排気筒解体は頂部から筒本体を二~四メートルずつ輪切りにしていき、来年三月までに高さを約六十メートルにする予定だが、トラブル続きで遅れている。 (小川慎一、山川剛史)

デブリ搬出、1グラムから検討 福島第一廃炉工程表案 2号機、21年開始 東京新聞 19.12.3

 福島第一原発2号機で二〇二一年中に開始予定の溶融核燃料(デブリ)取り出しに関し、政府と東京電力が、まず一グラム程度を試験的に数回取り出した後、搬出量を一日当たり数キロにまで段階的に拡大し、数年間搬出を続ける工程を検討していることが、関係者への取材で分かった。

 デブリ搬出の量や期間に関する具体的な検討内容が明らかになるのは初めて。ただ、形状や堆積範囲など未解明な点も多く、全量搬出への作業は困難を極めそうだ。デブリは2号機だけで二百三十七トン、1~3号機では計八百八十トンに上るとの推計もある。

 政府は二日、第一原発の廃炉に向けた工程表「中長期ロードマップ」改定案を公表し、二一年から2号機でデブリ搬出を始めると正式に明記。当初は少量の取り出しから着手し、十年後の三一年までに取り出す規模を拡大していくとした。

 関係者によると、2号機の取り出し作業では、原子炉格納容器側面の貫通部からロボットアームを挿入。こすり取ったり吸い込んだりして少しずつ採取を始め、性質や状態を分析する。作業内容を精査し、搬出量が一日当たり数キロに増えた後は、マジックハンドのような物でつかみ取る装置などを使うと想定している。

汚染水対策 描けぬ道筋 東京新聞 19.12.3 朝刊3

搬出完了2031年末目標 課題山積 第一原発プール内核燃料 福島民報 19.12.3