FC2ブログ

記事一覧

インドネシア EUバイオ燃料政策をWTOに提訴 パームオイルの市場アクセスを妨げる

農業情報研究所環境エネルギー>ニュース:20191219日より転載

 インドネシアがEUの再生可能エネルギー政策をWTOの紛争処理に訴えた。紛争処理の第一段階としての協議の対象はEUの二つの措置、

一つは2018年改訂再生可能エネルギー指令(RED)が定める2030年の再生可能エネルギー目標―パリ協定の目標達成に向け、エネルギー消費中のシェアを32%以上に高める―の達成のために利用できる“持続可能な”バイオ燃料の基準を定め・この基準を満たさないバイオ燃料は目標を達成したかどうかの計算に含めず・原料生産のための土地利用変化が温室効果ガス排出を増加させるリスク(ILUCリスク)が高いバイオ燃料は2023年から徐々に減らし、2030年には全廃すると定める今年3月制定のDelegated Act 

もう一つは、最近(129日)、インドネシア政府は同国の生産者に貿易歪曲的補助金を提供しているとしてインドネシアからの輸入バイオディーゼルに確定相殺関税を課した措置である(EU hits Indonesian biodiesel with import duties over subsidies,Reuters,19.12,9; OJ L317 AS biodiesel definitive measures,European Commission,19.12.89

インドネシアは、REDⅡ政策はパームオイルとパームオイルベースのバイオディーゼルの市場アクセスを制限して国のパームオイル製品のEU市場への輸出を脅かし、そればかりか世界貿易におけるパームオイルのイメージを汚していると主張する。

 パームオイルベースのバイオ燃料の原料として利用される脂肪酸メチルエステル(FAME)の今年1月から9月までの対EU輸出は8820USドルで、昨年同期に比べて6%ほど減っている。世界全体への輸出は30400万ドルで、これも昨年同期に比べ27000万ドル少ないという。

 補助金相殺関税については、EUはパームオイルディーゼルの国内消費拡大のため奨励金を輸出補助金と解しているだけだと主張する。インドネシアはパームディーゼル消費を今年の660万キロリットルから96万キロリットルに増やすべく、義務づけられた(ディーゼル燃料への)パームディーゼル混合比率を現在の20%(B20)から30%(B30)に引き上げる計画だ。

 インドネシア政府は不可欠なパームオイル産業を強化するために、帯雨林を犠牲にしてパームオイル増産に走っているという国際的批判をかわすべくインドネシア持続可能なパームオイル(ISPO)への適応を奨励し、併せて需要減少に対処すべく国内市場の強化に力入れている。

 他方、EUも、気候変動との闘いで世界をリードし・パリ協定における温室効果ガス排出削減のその約束を果たすために、ILUCリスクの高いと評されたバイオ燃料は絶対に認めることができない。

 結局のところ協議は平行線を辿り、紛争処理機能が停止状態に追い込まれた現在のWTOWTO紛争処理が機能停止 米拒否で委員不足に 日本経済新聞 19.12.10)の下では決着することはないだろう。

 確かなことは、この間にも東南アジア熱帯雨林の破壊が止まることはないだろうということだ。世界のパームオイル需要に支えられ、パームオイル市場は再び高揚を迎えつつある(農業情報研究:CPO(パーム粗油)先物相場(マレーシア:BMD:期近)の推移 

Indonesia initiates WTO dispute complaint against EU biofuels measures ,WTO,19.12.17

Indonesia prepares for upcoming palm oil suit trial at WTO,ANTARA,19.12.17

Indonesia takes EU to WTO over ‘discriminatory’ palm oil policy ,Jakarta Post,19.12.16

‘Unacceptable’ EU biofuel tariffs rile Indonesia,Bangkok Post,19.12.10

Indonesia looks to strengthen palm oil industry through ISPO, domestic market,The Jakarta Post,19.11.6

Indonesia’s biodiesel plan fires up ‘red hot’ palm oil prices,FT.com,19.11.5

Demand jumps for fuel made with the commodity as dry weather restrains output

Malaysian palm oil price hits 16-month high as rise in exports seen,The Star,19.10.25

Malaysia to file WTO complaint on EU's palm oil curb,Bangkok Post,19.7.15

フランス議会 パームオイル・バイオ燃料の事実上禁止措置  農業情報研究所18.12.26 

<インドネシア森林火災―プランテーション造成・拡大のために、今年もどれほどの森林が消失(焼失)しことか?>

Police name 249 suspects in forest fires,Jakarta Post,19.9.22

Land clearance for plantations causal to Indonesia's forest fires,ANTARA,19.9.21

29,039 personnel combating Indonesia's forest, land fires: BNPB,ANTARA,19.9.20

West Kalimantan's police seal off operations of palm oil plantation,ANTARA,19.9.20

Satellites detect 1,313 hotspots in Sumatra on Wednesday,ANTARA,19.9.18

Dense haze cover smothers Kubu Raya, forcing closure of schools,ANTARA,19.9.16

Thickening smog disrupts Palangka Raya airport's flight schedules,ANTARA,19.9.15

Malaysia and Indonesia clash over fires in the rain forest allegedly involving palm plantations,Merco Ppress,19.9.15

Haze impairs visibility to 700 meters in Pekanbaru,ANTARA,19.9.12

West Kalimantan police arrest 52 suspects in forest fire cases,ANTARA,19.8.27

Forest fires drive Sumatran tiger from their habitats,ANTARA.19.8.25

・・・・・・

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ