FC2ブログ

記事一覧

福島第一 福島第二 帰還困難区域 高浜原発 伊方原発 東海第二 核のごみ 原発関係主要ニュース 2019年12月27日

 プール燃料搬出 4度目先送り 最大5年 福島第一工程表改定 東京新聞 19.12.27 夕刊

 政府は二十七日、東京電力福島第一原発の廃炉・汚染水対策の関係閣僚会議を開き、1、2号機の使用済み核燃料プールにある燃料の搬出開始目標を、現行の二〇二三年度から最大五年遅らせることを正式決定した。溶融核燃料(デブリ)取り出しを2号機から二一年中に始める方針も確定させ、廃炉工程表「中長期ロードマップ」の五回目の改定をした。

 プール燃料搬出は廃炉作業の主要工程の一つで、炉心溶融を起こした両機の搬出開始時期の見直しは四度目。事故後三十~四十年とする廃炉完了目標は維持したものの、放射線対策など難しい課題が山積しており、達成への影響が懸念される。改定では他に、汚染水発生量を二五年までに一日当たり百トン以下に減らすことも盛り込んだ。

福島工程表 改訂5回目 事故後3040年変えず 廃炉目 揺らぐ実現性 東京新聞 19.12.27 夕刊2

福島原発の溶融燃料取り出し 「21年に2号機から」明記 政府が廃炉工程表を改定 日本経済新聞 19.12.27

 政府は27日、東京電力福島第1原子力発電所の廃炉に関する関係閣僚会議を開き、廃炉の工程表を改定した。炉心溶融を起こした13号機のいずれかで2021年から溶融燃料(デブリ)を取り出すとしてきたが、内部の調査が進む2号機から着手すると明記した。使用済み核燃料の取り出しは1号機で最大5年遅れる。放射性物質を含む汚染水の発生量は1日平均170トン(18年度実績)から、25年に4割減となる100トン以下に減らす目標も盛り込んだ。改定は179月以来となる。

福島第1原発は113月の東日本大震災の影響で炉心溶融と水素爆発を伴う事故を起こした。政府は1112月に事故後3040年はかかるとされた廃炉の工程表を作った。

 

福島第2廃炉作業の安全確保 東電と県、立地2町が協定 河北新報 19.12.27

東京電力と福島県、同県楢葉、富岡両町は26日、福島第2原発の廃炉に関する安全確保協定を結んだ。廃炉安全監視協議会による立ち入り調査を可能とすることや、東電がトラブル発生時に迅速な通報連絡を行うことなどを規定した。
 協定は、2015年1月に東電と県などが結んだ第1原発廃炉の安全確保協定とほぼ同内容。東電が施設を新増設する際は県と両町に事前了解を得ることを明記した。廃炉が及ぼす地域経済への影響を踏まえ「地域の振興に配慮した工程となる」ことなども東電に求めた。
 使用済み燃料プールに保管されている約1万体の核燃料は廃炉完了までに県外に搬出する方針だが、協定に明記しなかった。東電は現在策定中の廃止措置計画に核燃料の取り扱いを盛り込むという。
 東電は26日、いわき市や同県浪江町など第2原発周辺の11市町村とも、施設新増設時の事前説明などを盛り込んだ安全確保協定を結んだ。
 東電の担当者は記者会見で「長期にわたる廃炉作業の安全確保に取り組むとともに(廃炉に向けた)情報公開も行う」と話した。
 第2原発を巡っては第1原発事故直後から廃炉を求める声が相次ぎ、東電は今年7月に廃炉を正式決定した。廃炉には40年以上かかる見通しで、使用済み燃料は新設する貯蔵施設で金属容器に収めて空冷する。核燃料の処理費を含む廃炉費用は約4000億円と見込まれている。

 

避難指示の先行解除 双葉3月4日午前0時 大熊3月5日午前0時 福島民報 19.12.27

双葉で3月4日初解除、帰還困難一部など 大熊3月5日で合意 福島民友 19.12.27

聖火リレールート追加要望へ 双葉町、避難指示一部解除受け 福島民友 19.12.27

   

高浜原発3、4号機が来年停止へ 福井新聞 19.12.27

 関西電力は1226日、高浜原発34号機(福井県高浜町)について、国が設置を義務づけているテロ対策施設が期限までに完成できないと判断し、それぞれ期限を迎える来年8月と10月に、原子炉を停止する方針を固めた。工期短縮を図っているが、「完了時期は未定」としている。

四国電力 伊方3号機、定検入り MOX燃料取り出しへ 愛媛新聞 19.12.27

 

東海第二県民投票 来月から署名活動市民団体が条例制定向け(茨城) 東京新聞 19.12.22

 日本原子力発電東海第二原発(東海村)の再稼働の是非を問う住民投票の実現を目指す市民団体「いばらき原発県民投票の会」は、住民投票条例制定を大井川和彦知事に直接請求するのに必要な署名集めを一月から始める。目標は五万筆。来年六月の県議会定例会で条例案を上程したい考えだ。二月には、シンポジウムを企画する。

  

腰を据え“核のゴミ”処分研究の行方を監視・検証しよう(呼びかけ) どうする“核のゴミ”〜北海道・幌延から 19.12.27

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ