FC2ブログ

記事一覧

日本の海 珊瑚は北上、海藻は消える

<地球異変 すぐそばの温暖化>東京湾 南海の光景 東京新聞 20.1.4 朝刊1面トップ

テーブル状のサンゴが増え、サイズも大きくなっている。その一方で海藻が姿を消した=12月27日、千葉県館山市の東京湾・波左間沖で(尾崎幸司さん撮影)

1998年に撮影された波左間沖の海底は海藻が茂っていた=尾崎さん提供

 背景にあるのは海水温の上昇だ。気象庁によると、日本近海の平均水温は過去百年で一度超上がった。この日の水温は、冬にもかかわらず二〇度もあった。

 「サンゴは、温暖化の度合いを如実に示す生き物です」。サンゴ研究者の東京大大学院の茅根創(かやねはじめ)教授は言う。陸上で一、二度気温が上昇しても生物への影響は見えにくい。しかし海の中では一、二度の変化が生き物の生活を直撃し、特にサンゴは敏感に反応する。

 動物であるサンゴは、光合成するごく小さな植物と支え合って生きる。水温が高い状態が続くと、その植物が離れて骨が透ける「白化」現象が起き、長く続くとサンゴは死ぬ。日本でも沖縄本島や石垣島周辺で大規模な白化が起きている。茅根教授によると、平均水温が二度上がれば、今の生息域では毎年のように白化し、生きていけないという。

 サンゴの北上は、より適した水温を求める動きといえる。ただ、サンゴが移った海域では、別の変化が起きている。「サンゴが増える場所では、海藻が減り、熱帯地域のような海になる傾向があります」。環境研の熊谷研究員はそう話す。水温が上がると、コンブなどの海藻は成長できなかったり、活発になった魚に食べられたりする。こうして九州や四国の一部では既に海藻が消滅し、サンゴだけとなった場所がある。・・・

 地球温暖化を食い止めようと、国際的な枠組み「パリ協定」が1日に始動した。全ての参加国が目標を掲げ、二酸化炭素など温室効果ガスの排出を削減する史上初の取り組みだ。しかし各国の目標は不十分で、このままでは異常気象が常態化し、私たちの生活を脅かしかねない。本紙は1年を通して、温暖化による異変を紹介し、それにどう立ち向かうのかを考えていく。最初の連載では日本各地に現れた「兆し」を追った。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ