FC2ブログ

記事一覧

福島県沖試験操業 聖火リレールート 飯舘村 玄海町長 原発関係主要ニュース 2020年1月24日

福島県沖「試験操業」水揚げ3584トン 19年実績、前年比1割 福島民友 20.1.24

 県漁連は23日、本県沖で行われている試験操業について、2019年の実績(速報値)を公表した。県全体の水揚げ量は前年比約1割減の3584トンだった。同日、いわき市で開いた復興協議会で示した。

 県漁連によると、試験操業が開始された12年以降、水揚げ量は毎年増加しており、減少に転じるのは初めて。昨年のコウナゴ漁が、水揚げのないまま終了したことによる影響が主な要因。コウナゴ漁の不漁で相馬双葉、いわき市の両漁協とも船引き網漁の漁獲が大幅に減少した。

 

双葉駅周辺聖火ルートへ 2月にも正式決定 福島民報 20.1.24

 Jヴィレッジ(楢葉・広野町)を出発する東京五輪聖火リレーで県内ルートへの追加が検討されていた双葉町の走行地域は、JR双葉駅周辺の見通しとなった。内堀雅雄知事が二十三日の聖火リレーの県実行委員会終了後、明らかにした。双葉駅周辺は三月四日に東京電力福島第一原発事故に伴う帰還困難区域で初めて避難指示が解除される。県と町は、ルートへの町編入について、二月中の国際オリンピック委員会(IOC)による正式決定を目指す。

飯舘の小中一貫校「希望の里学園」 4月5日開校 新校歌披露も 福島民報 20.1.24

 

町長現金受領問題(特集) 佐賀新聞 20.1.24


原木生産と共に7 木も雇用も・・・崩れた循環 <広葉樹の里山で人は 福島・阿武隈>14 東京新聞 20.1.24 夕刊





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ