記事一覧

トランプのような人物が核兵器のボタンを持っていることこそ国際社会の脅威 李外相演説に一理

 トランプ氏は「精神的に錯乱し、誇大妄想と独りよがりの固まりのような人物」、「このような人物が核兵器のボタンを持っていることこそ、国際社会の深刻な脅威だ」、「我々が核兵器を持たなければいけない理由は、米国に対処するためだ」。

 23日午後(日本時間24日未明)、北朝鮮の李容浩外相が国連総会の一般討論演説でこう言った。

 北朝鮮は「邪悪な国家」、「このような犯罪者集団が核兵器とミサイルで武装することが理にかなう国など地球上にない」、米国のトランプ大統領は19日の国連総会一般討論演説でこう言った。

 トランプ演説に拍手を送った人がどれほどいるか知らないが、李容浩発言に正面から反論できる人はそうはいないのではなかろうか。

 核兵器を持つことで北朝鮮が米国に対処できるというは非現実かもしれないが、北朝鮮のミサイル・核開発を止めたいなら、「北朝鮮を完全に壊滅させる以外に選択肢はなくなる」などと「圧力」を強めるより、世界、とりわけ米国が核廃絶に動く方が早道であることは確かであろう。これに反論できる人は少ないに違いない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア