FC2ブログ

記事一覧

韓国「防護服聖火ランナー」ポスター 政府は抗議する前に被災地の現実を見つめよ

 韓国の民間団体・VANKが先月6日、東京五輪の聖火リレーランナーが防護服と防毒マスクを着用して走る姿を描いたポスターをソウルの在韓日本大使館新築工事現場のフェンスに掲示した。
 菅官房長官は13日の会見で、「現実とは全く異なる、あってはならないことだ」とこれを批判、「そうしたことが二度とないように、ありとあらゆる手段の中で強く抗議している」と述べたそうである(政府、「防護服の聖火ランナー」に抗議 TBS NEWS 20.2.13)。

 さらに、田中和徳復興相は14日の閣議後会見で、このポスターについて、「とても許されることではない」と非難、「科学的根拠に基づく正確な情報を国際社会に丁寧に説明したい」と強調、 橋本聖子五輪相も「各国の選手が平和の祭典に向けて頑張っている中、非常に残念だ。風評を助長しかねない」と韓国側を批判したそうである(復興相「許されない」 韓国で防護服姿の聖火ランナーポスター 福島民友 20.2.15)。

 だが、VANKのポスターが伝えるような東京五輪の放射能安全への懸念は、必ずしも非現実的とか、科学的根拠がないとか、風評を助長するとか、切り捨ててもよいとは思わない。

 東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は、双葉町をはじめ、防護服なしでは立ち入りもためらわれるような高線量区域を聖火リレールートに含めた(Jヴィレッジ10時出発 聖火リレー時刻発表、双葉追加も正式決定 福島民友 20.2.14)。

  聖火リレーの出発地であり、なでしこジャパンの強化合宿地でもあるJヴィレッジが所在する楢葉町の町議会は「福島第1原発事故で飛散した放射性物質の除染事業強化などを盛り込んだ要望書を関係省庁に6日提出した。町内で放射線量の高いエリアが再発見されたことを受け、復興庁と環境省に対し再除染の実施を要請。農地の完全回復に向け、復興庁と農林水産省に対して除染土などの廃棄物を一時的に保管する仮置き場の早期撤去と原状回復を求めた」(福島県楢葉町議会/政府へ除染強化など要望/農地の完全回復、仮置き場の早期撤去も 日刊建設工業新聞 20.2.12)。

 政府は韓国に抗議する前に、被災地の現実に立ち向かうべきである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ