FC2ブログ

記事一覧

今日の内外注目記事 20年2月18-19日

農業情報研究所:今日の内外注目記事 20218-19日より転載(ただし、原発関係除く)   

農薬規制、日本でも始動 虫や鳥など安全性チェック 日本経済新聞 20.2.19

  

馬毛島公表せず設計事業 防衛省、基地整備へ18年度着手 西日本新聞 20.2.19

 防衛省は18日の衆院予算委員会で、米軍艦載機の訓練移転候補地として政府が買い取りを進める鹿児島県・馬毛島(西之表市)について、買収開始以前の2018年度に基地整備に向けた設計事業に着手していたことを明らかにした。設計着手は、訓練受け入れへの住民賛否が割れている西之表市にも説明していなかった。
  

諫早干拓「開門調査は必要」 熊本県議会委、提言案を修正 熊本日日 20.2.19

 熊本県議会の有明海・八代海再生特別委員会(渕上陽一委員長、16人)は18日、国営諫早湾干拓事業(長崎県)の中・長期開門調査について、「原因究明の一環として必要」との文言を明記した県への新提言を正式決定した。県への提言の作成は2004年以来。新提言は開門調査の扱いで曲折したが、当初案を一転修正し、全会一致で了承した。

   

県、漁業者への無利子融資開始 スルメイカの不漁受け 山形新聞 20.2.19

スルメイカ記録的不漁 山形県、漁業者へ融資 河北新報 20.2.19

スルメイカ小型化進む 石川県水産総合センターが報告 北國新聞 20.2.18

  日本海を回遊するイカは秋に東シナ海で生まれ、春から夏にかけて北上する。小型化の要因として四方氏は、対馬暖流の水温が高くなり、産卵に適した温度にならず産卵期が遅れている可能性を指摘。このため成長期も遅くなり「餌が豊富な時期に成長期を迎えることができなくなっているのではないか」と推測した。

 

http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/image/most/シラスウナギ.jpg

ウナギ稚魚、一転豊漁 静岡県内、前年の10倍 静岡新聞 20.2.18

「シラスウナギの水揚げは時期や年によって大きく変動する」、「今期は捕れているというが、過去最低だった前期との比較で変動の一部。長期的な傾向で見れば減少している」

   

サケ捕獲の紋別アイヌ協会長 密漁容疑で書類送検へ 道警 北海道新聞 20.2.18

「サケの捕獲は先住民族であるアイヌ民族の権利」

 →アイヌ民族先住権 議論促す 曖昧な保障、懸念根強く 浦幌協会の訴訟方針

アイヌ先住権確認 浦幌協会提訴へ 4月にもサケ捕獲規制巡り 北海道新聞 20.1.13 

       

 

辺野古は「全国の問題」7割 県民投票1年県議アンケート 民主的な解決訴え 琉球新報 20.2.19

本島周辺海域でジュゴンの生息確認できず… 防衛省は調査範囲拡大も 琉球新報 20.2.18

 【東京】名護市辺野古の新基地建設に伴って沖縄防衛局が実施しているジュゴンの調査で、生息が確認されない状況が続いている。昨年11月には範囲を沖縄本島周辺海域に拡大して航空機で4日間調査したが、生息は確認されなかった。
「海を殺すな、壊すな」 辺野古・高江リポート(21014日 琉球新報記事転載) 東京新聞 20.2.18 朝刊27面 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ