FC2ブログ

記事一覧

女川2号機合格 福島魚貝出荷制限解除 桐生市ADR 原発関係主要ニュース 2020年2月26日

 女川2号機、正式適合 規制委 大震災被災2基目 東京新聞 20.2.26 夕刊

 原子力規制委員会は二十六日の定例会合で、東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)が原発の新規制基準に適合しているとする「審査書」を決定した。東日本大震災の震源に最も近い原発で、地震・津波対策が焦点となった。規制委発足後、適合は九原発十六基目。被災原発では日本原子力発電の東海第二原発(茨城県)に続き二基目。

 再稼働は安全対策工事が完了する二〇二〇年度以降となる見込み。今後は地元自治体の同意手続きが焦点となる。

 審査書への意見公募では、震災で生じた建屋コンクリートのひび割れや、防潮堤の高さなどについて九百七十九件寄せられ、事務局が回答をまとめた。山中伸介委員は会合で「東北にある原発なので地震・津波関係のコメントや質問が多かった。回答は適切だ」と述べた。

 震災時、女川原発では震度6弱を観測し、全三基が自動停止。約一三メートルの津波が押し寄せ、2号機の原子炉建屋地下が浸水した。外部電源や非常用発電機に被害もあったが、残った電源によって全基が冷温停止した。

 東北電は、一三年十二月に2号機の審査を申請。耐震設計の目安とする地震の揺れ(基準地震動)は最大加速度一〇〇〇ガルとした。津波の想定も厳しくし、海抜二九メートル、総延長約八百メートルの防潮堤を建設中。安全対策費は当初の想定を超える三千四百億円程度を見込む。

女川2号機正式合格 東北の原発で初、20年度以降の再稼働目指す 河北新報 20.2.26

 

「魚介類」全て出荷可能 福島県沖・カスベ、国が出荷制限解除 福島民友 20.2.26

 県が19年2月~今年1月に実施した放射性物質検査で1008検体がいずれも基準値を下回った。このうち、1001検体は検出限界値未満で、残りの7検体の最大値は17ベクレルだった。

福島の全魚種が出荷可能に 本格操業へ議論に弾み 河北新報 20.2.26

 

原発事故、紛争解決手続き 東電が和解 桐生市に3936 上毛新聞 20.2.26

  群馬県桐生市は25日までに、東京電力福島第1原発事故に伴う放射能対策費のうち約7482万円の支払いを求めた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、東電が市に3936万円を支払うとの和解案を受け入れる方針を明らかにした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ