FC2ブログ

記事一覧

「国の責任認める」も「苦念届かず」 原発事故避難者訴訟・札幌地裁判決

原発避難 国・東電に責任 札幌地裁が賠償命令 同種訴訟7件目 東京新聞 20.3.10 夕刊

 東京電力福島第一原発事故で福島県などから北海道へ転居を強いられたとして、自主避難者ら二百五十七人が東電や国に総額四十二億四千五十万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁(武藤貴明裁判長)は十日、国と東電に賠償を命じた。全国約三十の同種訴訟で判決は十五件目。うち国、東電を相手取った十一件で双方に賠償を命じたのは七件目。

 賠償額は、原告八十九人に対して計約五千二百九十万円。武藤裁判長は判決理由で政府の地震調査研究推進本部が二〇〇二年に地震予測「長期評価」を公表しているとして「津波を予見できた」と指摘。「遅くとも〇六年ごろまでに経済産業相が東電に対し、必要な防潮堤の設置などの対策を取るよう命じていれば事故は避けられた」とし、大臣の権限不行使は違法と指摘した。

 原告側代理人は判決後、「国の責任を認めた点で一定の評価をしているが、北海道に避難した人の実際の生活を反映していない」と報道陣に述べた。

国と東電に賠償命令 札幌地裁 原発事故避難者訴訟 北海道新聞 20.3.10

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ