FC2ブログ

記事一覧

新型コロナが拓く独裁政治への道 今止めなければ・・・

新型コロナウィルス感染の蔓延の恐れがある場合に首相が「私権制限」を伴う「緊急事態宣言」を発令できるようにする新型インフルエンザ対策特別措置法改正案が12日、与党、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会などの賛成で衆院を通過した。

<新型コロナ>緊急宣言 事前報告を明記 付帯決議 特措法案きょう衆院通過 東京新聞 20.3.13

現行法でも対応可能としていた立民など野党が賛成に回ったのは不可解というより失望する。これでは自民党が求める緊急事態条項を創設するための「改憲」もあっさり認めてしまうのではないかと疑念がわく(新型コロナと安倍政権 特措法は改憲の布石か 視点 論説副主幹・豊田洋一 東京新聞 20.3.13 朝刊4面)。歴史上の「独裁政治」への道は、「緊急事態」を口実に私権(人権)を制限することから切り拓かれてきた。

山尾志桜里議員(立民)が「私権制限が強い」と本会議採決で反対し、阿部知子議員(立民)も本会議を欠席して反対の意を表した、寺田学議員(無所属)も本会議に出席して反対したという(「私権制限が強い」 立民・山尾氏が造反」 東京新聞 20.3.13 朝刊2面)。まだ多少の希望は残っている?否、今やそんな「造反」も許さない社会的ムードが出来上がりつつあることを恐れる(センバツ、宝塚…その自粛、根拠は?感染リスク3要件該当しないのに 論理なき同調圧力(特報) 片山夏子・石井紀代美 東京新聞 20.3.13 朝刊24-25面)。コロナを機に、日本は独裁国家への坂道を転げ落ち始めたのではないか。「民主」勢力も一緒に転げ落ちている。