FC2ブログ

記事一覧

新型コロナ 不要不急の一斉休校で長期戦敗北が必定に 外出自粛より検査・医療体制拡充を! 

 「安倍晋三首相は28日夕、官邸で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い緊急事態宣言を発令するかどうかについて「ぎりぎり持ちこたえている。瀬戸際の状況が続いている」と表明した。東京都で感染者急増が続く現状を踏まえ「長期戦を覚悟する必要がある」と指摘。新学期からの学校再開を巡り「もう一度、専門家会議を開き意見を聞く」と説明し、状況次第で再開時期を見直す可能性を示唆した」

 緊急事態宣言の発令は「瀬戸際」首相、学校再開の時期見直しも 共同通信2020/3/29 01:00 (JST)

 「瀬戸際」が1ヵ月近く続いている。事実上の「ロックダウン」も始まった。いつまで続くのだろう。いきなりのウルトラC・「不要不急」の全国一斉休校で、多くの国民は、既に「長期戦」を戦い抜く気力も体力も削がれている。さらに学校再開の延期となれば、戦い敗北は必定だ。

 今はマスク・消毒等不足の解消、検査・医療体制の増強に全力をあげるべきときだ。この期に及んで「オーバーシュート」(どのみち不可避)、オリンピックの再延期または中止を恐れ、「不要不急」の外出自粛を要請するだけの政治指導者に、この戦いを指揮する資格はない。

 

 参照:スェーデンの例

Voluntary measures 'more sustainable' than forced lockdowns, health officials say,Radio Sweden,20.3.27

  イタリアもスペインも、フランス、ドイツ、イギリスも、ロックダウンを強制した。しかし、スウェーデンは学校閉鎖、不要不急な(non-essential)ビジネスの停止、人々の自宅隔離命令によってロックダウンをする必要がない。

 国の公衆衛生当局は、COVID19の拡散との戦いには数ヵ月、あるいはもっと長い時間がかかりそうだと言う。治療法やワクチンの開発には最低でも1218ヵ月かかる。当局は、日常生活に対する厳しい国レベルの制限は、そんなに長い期間、維持できないと信じている。

 その間、当局は、市民が責任をもって行動し、当局が与えるガイドラインに従わねばならない自発的措置(voluntary measures)に依拠する。

 ただし、保健当局は、もしこれが失敗したときには、ウィルス拡散の速度を遅くするより厳格な措置を実施する用意がある。  

 

関連ニュース

新型コロナで移動自粛要請 仕事、帰省「やむなく」 高速バスや駅は閑散 茨城 茨城新聞 20.3.29

外出自粛に疲弊...都内の大学生帰省 新型コロナ、福島県も余波 福島民友  20.3.2

首都圏外出自粛~本県出身学生の声 相次ぐ買いだめ/想像以上の人出に違和感 山形新聞 20.3.29


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ