記事一覧

「希望」踏絵に脱原発なし 「基本政策」を変えた?

 小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党が3日、衆院選の第一次公認候補を発表した。民進党はもともと200人超の公認予定者がいたが、希望が一次公認した民進党出身者は小選挙区、比例代表合わせて110人にとどまった。希望は10項目の「政策協定書」(踏絵)への署名を公認の条件にしたという。しかし、これら条件からは、小池氏が新党結成にあたり明言した基本政策の1つである「脱原発」が完全に抜け落ちている。

写真

 希望一次公認に192人立憲民主・共産は協力へ 東京新聞 17.10.4

「基本政策」を変更したのか、もともとそんな気はなかったのか。どっちにしても「無責任」の誹りは免れない。やっぱり、「絶望の党」だったか。多くの人の選択肢から「希望」が消えることだろう。結構毛だらけ「希望」灰だらけ!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア