FC2ブログ

記事一覧

エネルギー基本計画 イチエフあの時 福島第一原発 浪江・葛尾放射線量 浪江・大熊帰還意向 福島復興 岡山避難者賠償訴訟 新潟県原発技術委 原発関係主要ニュース 2021年1月20日

経産省有識者会議、原発支持続々 段階的廃止求める世論と溝 エネルギー基本計画改定論議 東京新聞 21.1.20

 2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする菅内閣の目標を見据え、政府は今年夏にもエネルギー基本計画を改定する。焦点である将来の原発利用に関し、世論の多くは段階的廃止を望むが、改定論議を進める経済産業省の有識者会議では利用に積極的な意見が相次ぐ。政府が世論との隔たりを埋めることなく原発政策を進めようとすることには会議の一部委員からも懸念の声が上がっている。(妹尾聡太)

 改定論議の主体は企業経営者や研究者ら24人で構成される「総合資源エネルギー調査会基本政策分科会」。原発を推進してきた経産省が所管しているため、原発に好意的な委員が選ばれやすいとの指摘があり、原発産業に直接の利害関係を持つ委員も散見される。

 原子炉メーカーのIHIの水本伸子氏は「人材、技術、産業基盤の維持強化には原発の新設が必要だ」と強調。原子力研究者の山口彰東京大大学院教授は原発の再稼働や新設の「価値を正当に評価するべきだ」と訴えた。元経産審議官の豊田正和氏は「新増設の準備を始めるべきではないか」と発言した。

 原発と火力発電の課題を議論した昨年12月21日の会合では21人が原発に関し発言。うち約3分の1が原発の新増設や建て替えの議論が必要だと主張。残る委員の大半も原発存続に賛意や一定の理解を示した。

 だが新増設などを求める国民は少ない。一般財団法人日本原子力文化財団の19年10月の世論調査では原発の将来に関し「増やしていく」と答えた人は2%にとどまり、「即時廃止」「徐々に廃止」を合わせ廃止を望む人は6割に達した。

 3年ごとに見直す基本計画は発電での原発や再生可能エネルギーなどの将来比率も決定。それにもとづき予算や税制、規制も決まるため政策の基礎になる。国民生活に密接に影響するだけに委員の中からも、原発推進論者の多い分科会だけでは議論が尽くされないとの声が漏れる。ある委員は「さまざまな業界や団体、人々が発言する形で身近な問題として議論しないといけない」と話した。

エネルギー基本計画 発電の電源方式ごとの将来目標や運輸部門などのエネルギー政策のあり方を定める。現行の発電比率目標は2030年時点で原発20~22%、再生エネ22~24%など。今回は50年時点の発電比率も検討し、経産省は昨年12月に「再生エネで5~6割、原発と火力で3~4割」などとする参考値を示した。

【関連記事】「新増設準備を」「運転延長が必要」 原発推進に息潜める反対意見 経済産業省の分科会
【関連記事】再生エネは5~6割に、2050年電源構成で経産省が「参考値」示す 原発は「一定規模の活用」

 

<ふくしまの10年・イチエフあの時 続く苦闘編>(12)氷投入で汚染水凍結? 東京新聞 21.1.20

 東京電力福島第一原発(イチエフ)の海側敷地の地下には、タービン建屋から護岸に向かって何本ものトンネルがのびている。配管やケーブルを収納するためだが、ここに建屋から高濃度汚染水が流れ込み、海を汚す大きなリスクがあった。

 そこでゼネコンから提案されたのが、建屋とトンネルの接合部に凍結管を浸して周辺を凍結。建屋からの流れ込みがなくなった後、トンネルの汚染水を抜いてセメントで埋める−という案だった。だが始めてみると、汚染水は全く凍らない。東電は、トンネル上部の開口部から、作業員にドライアイスや氷を二十四時間態勢で投入させた。

 本社ヘリで取材すると、日曜日にもかかわらず、作業員たちは大型土のうに詰まった氷などをスコップなどで懸命に投入していた。

 残念ながらうまく凍結しなかった。実証試験は水の動きがなく、保温された状態で実施されたが現場は建屋とトンネル間で汚染水の流れがある。状況が違いすぎた。

 作業は高濃度汚染水の真上で行われ、被ばく管理の目安(年二〇ミリシーベルト)の二年分に達した作業員もいた。「みんなすごい被ばくをしている。それで凍らないんじゃ…。もっと手法を詰めて考えてくれないと」と作業員は話した。計画は水中で固まる特殊なセメント投入に変更された。

 

配管凍結で汚染水2000リットル漏れる 外部に影響なし(福島第一の1週間) 東京新聞 21.1.20 朝刊8

 東京電力福島第一原発では、放射性セシウムの大半を除去した後の汚染水から塩分を取り除く装置で、約2000リットルの水が漏れた。堰内にとどまり、外部への影響はない。
 東電によると、配管内の水が凍結したことで配管や継ぎ手部分が損傷し、水が漏れ出したという。作業員が10日午前、パトロールで見つけた。淡水化の装置がある大型テント内でヒーターを稼働させて、凍結を防ぐ。
 24時間態勢となった、3号機使用済み核燃料プールからの核燃料搬出作業は順調に進んでいる。残りの核燃料は80体を切った。
 918日には、下請け会社の男性作業員3人の新型コロナウイルスの感染を確認。福島第一原発では年末年始にかけて、作業員の感染確認が相次ぎ、感染者は計8人となった。

 

本紙が実走して測定 福島・浪江町と葛尾村の放射線量は<福島第一原発事故10年> 東京新聞 21.1.20 朝刊8面