FC2ブログ

記事一覧

「被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やす」努力を(文韓国大統領)



農業情報研究所 今日の言葉 18.2.10より転載 

 安倍晋三首相の平昌冬季五輪の開会式出席に合わせて行われた日韓首脳会談での韓国文在寅大統領の発言である。

 安倍首相は「国と国の約束であり、政権が代わっても守るのは国際的な原則だ。韓国側も(朴大統領時代の”不可逆的”最終)合意を全て実行してほしい」という安倍首相に対し、文大統領は「被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やすことができるように両国政府が一緒に努力していくべきだ」と述べ、〈1〉再交渉は求めない〈2〉日本が拠出した10億円は返還しない〈3〉日本政府の拠出金で設立した財団は解散しない――などとの考えを伝えた、とのことである(首相、慰安婦巡る合意の履行求める…文氏と会談 読読新聞 18.2.10)。

 20151227日になった慰安問題に関する日韓合意は、「当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する」、「具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し,日韓両政府が協力し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする」と述べる。

 しかし、安倍総理は合意の翌日、朴大統領との15分の電話会談で、「合意に至ったことを評価したい。元慰安婦の方々の筆舌に尽くしがたい苦しみを思うと心が痛む。心からおわびと反省の気持ちを表明する」と述べたにすぎない(「心からお詫びと反省」 安倍首相が日韓首脳電話会談で表明 産経ニュース 15.12.28)。それで「全ての方々」に対し,心からおわびし、反省の気持ちを表明したと言えるだろうか。元慰安婦の方々を前に頭を下げるのでなければ、その気持ちは彼女らに伝わらないだろう。

  おまけに、名だたる歴史修正主義者の安倍首相は、慰安婦強制連行を決して認めようとしない(安倍首相 「慰安婦強制連行の証拠ない…戦争犯罪と認めない」 中央日報 16.1.19)。それで「被害者の名誉と尊厳」が回復できるはずもなし、「心からおわびと反省の気持ちを表明する」理由もないではないか。「名誉と尊厳の回復」も、「心からのおわびと反省」も、口先だけの外交戦術にすぎなかった。

 文大統領の主張の正当性を認めざるを得ない。安倍首相は「歴史を直視」、これを機に、なお生残している元慰安婦たちを前に、おわびし、反省の気持ちを表明すべきである




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア