FC2ブログ

記事一覧

目標実現の方法も手順も見えない新エネルギー基本計画 「プルトニウム削減」実現できるのか

政府が新しい「エネルギー基本計画」を閣議決定した。

 「計画」と名乗るものの、例えば2030年の電源比率=原発2022%、再生可能エネルギー2224%といった目標をどんな方法・手順で実現するか一向に見えてこない。政策文書としてはほとんど無意味だろう。取り上げるに値しない。

 ただし、「プルトニウム保有量削減」だけは看過できない。「核燃サイクル」を維持しながらの「プルトニウム保有量削減」(プルサーマルで消費)は世界的に見ても兵器転用以外不可能に近いほど困難な課題だからだ(例えば、原水爆 MOX燃料工場一転核兵器工場 今日の内外注目記事:2018年5月21 時評日日 18.5,21)。

新しいエネルギー基本計画が閣議決定されました 経産省 18.7.3

エネルギー基本計画 経産省 18.7.3

「プルトニウム削減」、原発推進は維持エネ計画、閣議決定 東京新聞 18.7.3 夕刊

プルトニウム削減方針を明記 エネ基本計画を閣議決定 日本経済新聞 18.7.3

原発再稼働の方針を明記 エネルギー基本計画を閣議決定 朝日新聞 18.7.3

再生エネを主力電源化 基本計画を閣議決定 毎日新聞 18.7.3

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア