記事一覧

原子力規制委は原子力推進委 司法も一丸、原発比率20-22%(30年)へまっしぐら

東海第二、新基準「適合」 被災原発で初 規制委了承 東京新聞 18.7.4 夕刊

東海第二「適合」 迫る40年期限 拙速対応 東京新聞 18.7.4 東京新聞 夕刊

<解説> 原子力規制委員会の東海第二原発の審査は、十一月末の運転期限までに間に合わせようと、ちぐはぐな対応が目立った。日本原子力発電(原電)と二人三脚で進めた印象は拭えない。「原電は出来の悪い受験生で、規制委は何とか合格させようとする親のようだ」。再稼働に反対する住民の冷ややかな声が、それを象徴する。

 福島事故の反省から、規制委は厳格な審査をしなければならないのに、常に「時間切れ」を意識。防潮堤の議論で原電が液状化対策を省いた設計を示したのに対し、規制委は「液状化の有無を議論している時間はない」と、審査打ち切りをちらつかせた。結局、地盤改良を前提にするよう迫り、要求を丸のみさせた。

 一方、原発に張り巡らされたケーブルについて、規制委は「燃えにくいケーブルへの交換が原則」としていた。ところが、四割弱の交換で対策を容認。原電が対策工事費を賄うため、事故を起こして被災者への賠償を続ける東京電力から支援を受けることの是非にも突っ込んだ議論を避けた。

 時間をかけて念入りな検討が必要な住民の避難計画は、規制委の審査の対象外で、自治体に丸投げされている。周辺十四自治体から計画が出そろうめどは立っておらず、住民の不安は置き去りにされたままだ。(越田普之)

地獄の使者

識者「原電 廃炉専念を」 原発経営 東電支援あき」 被災原発 判断見通立たず 東京新聞 18.7.4 夕刊 8

 識者「原電 廃炉専念を」 東京180704ev08

30キロ圏に96万人…恐ろしい 6市村事前同意 生みの親・村上前東海村長 東京新聞18.7.4 夕刊

大飯原発 住民側の請求棄却 高裁支部が1審取り消し 毎日新聞 18.7.4 1548

新エネ計画実現へまっしぐら だ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア