FC2ブログ

記事一覧

世界的干ばつ 世界小麦生産が5年来最低に 小麦争奪世界戦争が始まる?


  農業情報研究所2018731日より転載

  国際穀物理事会(IGC)が2018-19年世界小麦物生産見通しを5年来の低水準の72100万トンに引き下げた(https://twitter.com/igcgrains)。世界中の小麦生産地域が厳しい干ばつに見舞われているためだ。

 ヨーロッパ(EU)の生産はこの6年で初めて13000万トンを下回る。ドイツは2000万トン、2003年以来最低だ。アルゼンチン、ロシアの生産も大きく落ち込む。アメリカも雨無しで減産必至、オーストラリアではニュー・サウス・ウェールズ州が干ばつに苦しむ農家に5億ドルの援助を発表した。

 IGCによれば、年末世界小麦在庫率は2011年以来初めて7%に落ち込む。ヨーロッパの製粉用小麦相場(Euronext)は4年来のトン200ユーロに達した(ヨーロッパ小麦・菜種先物相場の推移)。

 貿易戦争どころではない。世界の小麦争奪戦が始まるかもしれない。

 Drought turns up the heat on wheat producers,FT.com,18.7.31

Grain drain Wheat harvest forcasts slashed afte drought squeezes prodauction,Financial Times,18.7.31,p.11





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ